井岡、統一戦と3階級制覇にウェッジヒール意欲「歴史に名

第33回大阪国際女子マラソン大会が26日、大阪市の長居陸上競技場発着の42・195キロであり、前回大会優勝のタチアナ・ガメラシュミルコ(ウクライナ)が2時間24分37秒で2連覇を達成した. 今大会限りで引退を表明している34歳の赤羽有紀子(ホクレン)は2時間26分0秒で日本勢最高の2位に入った. (記録は速報値). 大みそかの世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級タイトル戦で3度目の防衛を果たした井岡一翔(井岡)が1日、大阪市内で記者会見し、「(KOできず)力不足なところはあったが、いい経験になった」と話した. 今年は王座統一戦か、フライ級に上げての3階級制覇挑戦が計画されており、「できるなら両方やりたい. ボクシングの歴史に名前を刻みたい」と意欲を見せた.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>