宮さまも愛した大衆酒場 神田の「升亀」、

島康彦】ガード下の大衆酒場として親しまれてきた東京・神田の「升亀」が、28日で店を閉める. 創業から40年余. 200円台からそろう豊富なつまみ、ボリュームたっぷりの定食類が多くのサラリーマンに愛され、故・高円宮さまもお忍びで訪れた. 連日、閉店を惜しむ客が続々と集まっている. 創業は1960年代後半だった. 時代は高度成長期. 夜通し働いた作業員らにくつろいでもらおうと、朝からアルコールを提供. スパイク サッカー ナイキ 名物のいか天、顔の大きさほどのジャンボメンチカツ、大ぶりに切ったまぐろぶつ… . 安さと確かな味に、のれんをくぐる酔客が絶えなかった.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>