日経平均9000円台回復 3営業日ぶり

14日の東京株式市場で、日経平均株価は3営業日ぶりに9000円台を回復した. 終値は前日より52円89銭(0.59%)高い9052円07銭. 東京証券取引所第1部全体の値動きを示すTOPIX(東証株価指数)は同5.12ポイント(0.65%)高い786.80、出来高は21億8千万株だった. 日本銀行が追加の金融緩和を決めたことを好感した. 円相場が円安傾向に転じたため、輸出関連株を中心に買いが膨らんだ. 昨秋の大阪市長選で前市長の支援者拡大を職員労働組合が徹底させる内容の職員リストが捏造(ねつぞう)された問題で、架空の文書を作成した疑いがもたれていた市交通局の非常勤嘱託の男性職員が27日、同局の事情聴取に対し、捏造を認めたことが分かった. 職員は「文書を大阪維新の会の市議に持ち込んだ」とも話しているという. 取材に対し、同局が認めた. 同局はこの職員を27日付で解職するとともに、刑事告発を検討する方針. 捏造と判明した文書「知人・友人紹介カード配布回収リスト」について、男性職員は27日、交通局の調べに「誰かに作成を依頼されたものではなく、自分が作った」と説明しているという. 動機については、昨秋の市長選では職場内で労組による紹介カードが配られているのを目撃したと主張. そのうえで「ひどいと思い、何かしらの形で告発したいと思った. 正義感からやったがだめなことをしてしまった」「明るみに出れば、騒ぎになると思っていた」などと話しているという. 文書を送った維新市議については「以前から面識があった」と説明しているという.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>