過労死訴訟、6千万円で和解 運送会社員遺

清涼飲料運送会社の社員だった兵庫県尼崎市の男性(当時27)が自殺したのは過労が原因だとして、両親が会社に計約8200万円の損害賠償を求めた訴訟が25日、大阪地裁(相沢真木裁判長)で和解した. 会社側が過労自殺と認めて謝罪し、解決金6千万円を支払う内容で合意した. 訴状によると、男性は2008年4月、「日東フルライン」(大阪市)に入社. トラックに乗り自動販売機に缶飲料を補充する仕事をしていたが、同8月に自殺した. macsnogendpe ナイキ サッカーシューズ 夏場で販売量が増えるなどして、直前の1カ月間の時間外労働は104時間に上っていた. 男性の父親は「この裁判が一石を投じ、過重労働をする若者が二度と出ない世の中になってほしい」と語った. 日東フルラインは「再発防止に努めたい」とのコメントを出した.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>