電撃PlayStation】PS Vit

基本無料のオンラインゲーム『サムライ&ドラゴンズ(以下、サムドラ)』がサービス再開してから、ほぼ2カ月ががちました. そろそろ後半戦に突入するか? という感じですね. 今回も、電撃同盟(仮)の現状を軽く報告していこうと思います. ゲームの内容を説明すると、『サムドラ』は、数万人がいる大陸の覇者を目指すオンラインゲームです. ゲームは、ACTパート、SLGパート、バトルパートの3つのパートで構成されていて、ACTパートで魔獣カードを集め、SLGパートで街を育てたりユニット(パーティみたいなもの)を編成したりして、そしてバトルパートで魔獣カードを使って対決! これらを繰り返して領地を広げたりしていくわけです. 最終的な目標は、大陸にたった5本存在するというデブリズ・タワーを占拠・所有すること. ちなみに、我々電撃同盟(仮)が所属するワールドでは、すでに5本のデブリズ・タワーが、巨大同盟に占有されていたり. つまり、電撃同盟(仮)がデブリズ・タワーを手に入れるには、巨大同盟たちを打倒しなくてはならないのです. 象に挑む蟻ですね. では、とりあえず僕の成長具合を公開してみましょう. ●4月25日時点の生産量は、石1,121、木1,398、鉄963、糧695、統治力28 ●5月22日時点の生産量は、石5,972、木11,105、鉄8,959、糧6,152、統治力67 で、今はというと… 本拠地自体は、さほど成長していない感じですが、砦が増えたので生産量はかなりアップしています. 僕の主力ユニットは2部隊とも本拠地にはいないので… 攻められたらあっという間に本拠地落とされそうです(汗). ●6月18日時点の生産量は、石24,957、木28,748、鉄26,529、糧20,926、統治力147 加速度的に成長していますね. おかげさまでユニットをかなり強化・成長させることができました. 今、電撃同盟(仮)は、各地の塔を占拠しまくっていて、レベル7までの塔を占拠しています. つまりデブリズ・タワー以外は、全種類の塔を占拠しているわけです. とはいえ、次の目標であるデブリズ・タワーは… うーん、正直我々では無理かなと思っています. 上にも書きましたが、入手するには大同盟を倒さなきゃいけませんからね. 戦争万歳! でも返り討ち間違いなし!! さて、塔ですが、占拠するには塔を防衛する敵ユニットを倒す必要があります. レベル7の塔にもなると、強力な敵ユニットを10回も倒さなければなりません. なので、かなりの戦力を必要とします. なんですが、僕のユニットがレベル7の塔の防衛ユニット相手に、10連勝を決めちゃいました! けっこう前の話ですが. そのときのユニットを公開します. 以前も公開した、武将族のR明智光秀、UC真田幸村、R☆足利義輝のデッキ. コミック版『GE+』主役のミスティリーゼ: 谷口梨恵 レベルは99になっていますが、レベル7塔を落としたときは、レベル92ほどでした. 能力的には、知力にはほとんどステータスを振らず、攻撃力、防御力、素早さに振っていますね. スキルはこんな感じです. R☆足利義輝は、レアカードなのによくぞここまで成長させたと思いますよ. atexteaasump UCの真田幸村は全スキルがレベル9まで強化されていますが、ここまでの過程で強化失敗により200~300枚くらい消失させています. 泣けますね. さて、ここからは告知です! 来週6月28日の木曜日に発売される電撃PlayStation Vol.521ですが、こちらでも『サムドラ』の記事を掲載する予定です. Adidas サッカースパイク さらに、○○○○と○○○○○○○○○が○○○○○○○○として○○○きます! もはや、何が何のことやら全然わかりません(汗)!!! この辺りは、今週の木曜日以降に告知できるんじゃないかなと思いますが、続報をお楽しみにしてください!! そして、現在発売中の 電撃PlayStation Vol.520 でも、5ページ攻略記事をやっています! デッキ編成、塔の占拠について詳しく説明していますので、ぜひぜひ手に取ってみてください. そんなこんなで、まだまだ『サムドラ』熱は冷めません. プレイするだけでしたら無料ですし、体験版だと思って一度プレイしてみてはいかがでしょうか? (電撃PlayStation編集部・KYS).

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>