EUとイランが非公式核協議 合意へ前向き

テヘラン=神田大介】合意寸前で結論を持ち越した米英独仏中ロの6カ国とイランの核協議を巡り、欧州連合(EU)とイランが11日、ブリュッセルで非公式協議を行った. イラン政府関係者が明らかにした. 互いに合意に向け、前向きな姿勢を確認したという. 協議後にケリー米国務長官が「イランが合意案を受け入れなかった」と批判、イランのザリフ外相が「信頼を損ねる」と返すなどの応酬があったが、水面下では合意に向けた取り組みが続いていたことになる. 関係者によると、双方は10日未明までジュネーブで行った核協議を成果として歓迎. モンスターハンター アディダスサッカーシューズフロンティア オンラ 合意持ち越しの主な原因になったとされるフランスは「政治的な意図はない」と説明した. f50アディゼロ berjaliri イランはアラク重水炉への査察受け入れを表明する一方、米国が示した核開発を停止する6カ月という期間は長すぎると主張したという.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>