EV コードルブタン ブーツレスで充電 IHI、15年実

電源コードを使わずに送電し、電気自動車(EV)に充電する装置が2015年にも登場することになった. 造船重機大手のIHIが米国のベンチャー企業と組んで生産・販売に乗り出すもので、磁場を使って電力を無線で伝える「非接触給電」の技術をもとにしている. EVの普及に弾みをつける新しいインフラとして注目を集めそうだ. 電気の送り手側と受け手側の装置が20センチ離れていても、3キロワット超の電力を90%以上の高効率で送電できる「磁界共鳴方式」という仕組みで、マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究者が07年につくった米国ベンチャー企業、ワイトリシティ・コーポレーション(マサチューセッツ州)が開発に成功. MBT 激安 IHIが3月末に、この技術を用いてEV向けの充電装置を製造・販売できるライセンス契約を結んだ. IHIは横浜事業所(横浜市)で実証実験を続けている. IHIは車に載せる受け手側と、地上に設置する送り手側の装置の双方を市販する計画だが、最初は三菱自動車のEV、アイミーブのオプション装備として15年に実用化する予定だ.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>